39ola!日記

3月9日に生まれたmix猫のOla(オラ)と暮らしてます
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年09月
ARCHIVE ≫ 2010年09月
      
≪ 前月 |  2010年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ザキントス島

イオニア諸島の一番下にあるザキントス島のニコラオス港に到着


100514ザキントス到着
このフェリーも、大勢のヨーロッパ人旅行客が乗っておりました



100514ドナドナ
一緒に乗ってきた、山羊たちよ・・・バイバイ~



100514ザキントス島地図
ちなみに、これがザキントス島の簡単地図
おみやげ用の小さい袋なんです



100514ホテルアルバ
島都ザキントスにある、ホテルアルバにチェックイン



100514島都ザキントスの街並み
街並みに趣があります



100514ザキントスの街並み2
港の海岸線沿いにはタベルナ(食堂)やお店がずらっと並んでいます



100514ザキントスのおじさま
こちらは、現地のタベルナのご主人
「ウサギ食べるかい?」と焼いてくれました

今から、あるところに行きます・・・それは・・・



100514崖の上
じゃ~ん! 崖の上の展望台から下を見下ろすと・・・



100514難破船ビーチ
あれはナンだ~???



100514難破船ビーチ2
難破船だ~



100514難破船ビーチ3
ここは、ザキントス島で有名な「難破船のビーチ」です
今からあそこへ行ってきます



100514ボート乗り場
スナキリ岬の近くまでいき、ボート乗り場へ行きます



100514ボート
ボートに乗り込んでいざ出発!



100514難破船ビーチ4
見えてきました~!



100514難破船ビーチ5
先ほどは大きな観光船がありましたが、今は誰もいない☆
私たちの貸切であります



100514難破船ビーチ7
上陸~



100514難破船ビーチ8
大きい難破船です

ギリシャらしいのですが・・・

いつ?なぜ?どうしてここにこの船があるのか誰も知らないそうでして・・・


いつの間にか、難破船があるビーチとして
自然に観光地化されてしまったらしい

面白い話です
ザキントスで泳ぐ
我慢できずに、水着になって海に飛び込みました

気持ちよかったです~


100514ザキントスの青の洞窟群
その後、再びボートに戻りスナキリ岬の北東にある洞窟群へ・・・



100514ザキントスの青の洞窟群2
海の色が本当に青くて美しい・・・



100514ザキントスの青の洞窟群3
ここは、大小の洞穴がたくさんあります。
青の洞窟だらけなのです


100514ザキントスの青の洞窟内
海上の光の反射と散光による色彩の乱舞が楽しめます



100514青の洞窟の色
操縦兼ガイドの若者が、白い板を海の中に入れるとこの通り

蛍光色なのです


100514洞窟の波打ち際
波の泡まで青い蛍光色・・・不思議です



ザキントス1
とここで、海に入って泳いでみる?・・・と、
操縦兼ガイドの若者の一言で、迷わず海へ



100514お魚になった
魚の気持ちになって・・・



100514海の中
潜ってみるとこんな感じ



ザキントス2
海水の冷たさが、身体に心地よく
楽しく泳いじゃいました~



100514夜のザキントス
夜は、ザキントスの美しい街を散歩しつつ



100514ザキントスのレストラン
タベルナで食事を・・・



100514メニュー
メニューが可愛い☆



100514ウーゾ
壁一面に、ウゾ(ギリシャのお酒)がずらっと!



100514魚介類
今日はこんな魚があるよ~とお店の方が説明してくださり・・・
いろいろと注文してみたのですが



100514生アサリ
一番感動したのはこちら!

生のアサリにレモンをたっぷりとかけたもの

ものすごくおいしかったです!





スポンサーサイト

再びケファロニア一周の旅 後半



二日間という短いメガニシ滞在を終え、名残惜しそうに
フェリーにのる私たち・・・



100514メガニシ島
ホテルのオーナーM氏に見送られ・・・



100514メガニシ島去る
バイバイ、メガニシ島・・・
ホテルメガニシ・・・とってもとってもいいホテル!
他の滞在客(ほとんどイギリス人でした)も気さくで
楽しい時間を過ごせました


わたし、この島で誕生日を皆さんに祝っていただいたこと
一生忘れません・・・




100514教会?
フェリーからは素敵な教会が見えました

猟師さんたちの安全を見守っているのでしょうか?





100514フィスカルド
さて、再びケファロニア島のフィスカルドに戻り、
車に乗って・・・


ケファロニア島の残り半周をすることに・・・



100514アソス
見えました!ASSOS(アッソス)です



100514アソスの修道院
山の頂上には、城壁が
現在は修道院になっているそうです



100514アソスビーチ
アッソスのビーチにやってきました



100514アソスビーチ2
ここは、ケファロニアでも人気のあるリゾート地



100514アソスの町並み
とても静かで、穏やかな街です



100514アソスの猫
アッソスの第一ニャーを発見!




100514アソスのカフェ
カフェやレストランもいい雰囲気です



100514アソスの犬
みんなのんびりと楽しんでおります



100514アソスの猫2
お昼寝しているネコさんを発見!
ギリシャでは、とにかく沢山の猫さんを見かけます



100514Miutos Beach
次に訪れたのは、アッソスからすぐのところにある
Mirtos Beach
遠くに、アッソスが見えます


ここ、どうしても行きたかったんです☆

映画『コレリ大尉のマンドリン』でのロケ地になった

地中海で最も美しいビーチのひとつなのです



100514Mirtos Beach2
きゃ~!!! と叫びつつも、思わず息を呑む美しさ・・・



100514Mirtos Beach3
無意識にサンダルを脱いで海に入る私・・・




100514ケファロニアの教会
後ろ髪を惹かれる思いでビーチを後にし、
車窓から美しい教会を見ながら・・・



100514アルゴストリのカフェ
レンタカーを返すために、アルゴストリに戻りまして




100514Poros港
次の目的地、ザキントス島へ向かうべく

Poros港へ



100514Poros港2
しかし、この港・・・何にもない



100514フェリー来た~
あ!フェリーが来た~


なんとなく、ココの雰囲気、ハワイ島を思い出しました






100514バイバイケファロニア
楽しかったケファロニア島にバイバイ




100514ケファロニアの地図
ちなみに、これがケファロニア島の地図です(笑)

ほぼ、一周・・・くまなくまわりましたが、

こちらもまた再び行きたい島となったのでした





レフカダ島からメガニシ島へ


ケファロニア島のフィスカルドからフェリーに乗り、着いた所は

レフカダ島・・・

この島名を聞いてぴんと来た方はかなりの文学通?






100512レフカダ島 
ここは、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の生まれ故郷です☆

ラフカディオという名前は、このレフカダからとったとか・・・

事前にレフカダ島の話を聞いていたこともあり、今回の旅には
ラフカディオ・ハーンの「日本の面影」を持参
フェリーの中などで読んでました☆


100512レフカダ島 ニドリ港
しかし、今回レフカダ島は通過地点・・・



100512レフカダ島 ニドリ港2
ここ、Nidri港からさらに、船に乗ります



100512レフカダ島 漁船
実は、レフカダについた時点で、メガニシ行きの
フェリーが終わっていたため、
ホテルがチャーターしてくれた船(漁船??)で
移動することに



100512ぼうや
船長さんの息子さんが一緒に送ってくれました

天使みたいにかわいい坊やです



100512レフカダ島&メガニシ島地図
ちなみに、レフカダで購入してみた地図・・・

真ん中の大きい島がレフカダで、右下のちょっと面白い形をした島がメガニシ島です

メジャーな地図には載っていない小さい島なのですが、
ここが最初の目的地なのです



100513ホテルメガニシ
泊まったホテルは、「ホテルメガニシ」



100513ホテルメガニシ2
とっても可愛いホテルでした



100513ヨット
滞在中、ボートを借りて



100513メガニシの港
メガニシ島一周してみることに・・・



100513メガニシ島一周
驚いたことにこの島、青の洞窟だらけなのです




100513メガニシの海
海の色が美しくてずっと眺めていたい~



100513青の洞窟?
飛び込んで泳いでいいよ~と現地の方がおっしゃったので
みんな泳いじゃいました

私はこの日だけ体調が悪くて泳げずじまい・・・ざんねん!




100513ギリシャ正教会
ホテルの近くには教会があり



100513ギリシャ正教会2
中へ入らせてもらい、祈りをささげたのでした








ケファロニア島一周の旅 前半

ええ・・・っと・・・
一応、けじめとして5月のギリシャ旅行記の続きを
軽く?記録しておきたいと思います☆



100512アルゴストリ一望
翌朝、全員&全員の荷物が乗るレンタカーを苦労して借り、
泊まったArgostoli(アルゴストリ)の港を後にしまして
次の目的地、メガニシ島へ向かうべく車を走らせました。


100512ドロガラテイ洞窟
途中で、DROGARATI CAVEという洞窟を通りましたので


100512洞窟入り口
入ってみることに


100512洞窟入り口2
深く深く下っていきます




100512洞窟
中は広い~



100512洞窟2
日本の洞窟とは違うなあ・・・
演劇でも出来そうな空間です



100512Melissani Lake
そして、今日のメインイベント



100512Melissani Lake2
ケファロニア島の「青の洞窟」に着きました
わかります?奥がうっすらと青いことに・・・



100512青の洞窟
ここはMelissani Lakeという有名な青の洞窟です
到着したのは、正午ちょっと前

太陽が真上に来る時間に来るのが一番いいそうです

私たちが着いた直後に、沢山の観光バスがやってきて大変な賑わいとなりました






100512青の洞窟2
あ、青い・・・なんともいえない色なのです



100512青の洞窟3
この洞窟、昔は天井があって、村人は知らなかったそうですが
1953年に起きた大地震により、天井が崩落したんです

地震後に村人たちが地面にぽっかりと穴が開いているのを発見し、
観光地として今に至るそうです



100512フィスカルド
青の洞窟を後にし、やってきたのは、Fiskardo(フィスカルド)という港町



100512チケット売り場
ここから、フェリーに乗って、次の島レフカダ島経由、メガニシ島へ行きます



100512フィスカルド港2
このフィスカルド、53年に起きた大地震でも唯一被害がなかった美しい村です



100512フィスカルドのカフェ
う~ん・・・美しい~



100512フィスカルドのカフェ2
映画「コレリ大尉のマンドリン」でのロケ地にもなりました
ここを、ニコラス・ケイジが歩いたのかな?



100512フィスカルドの雑貨屋
雑貨屋さんも素朴でいい感じ・・・



100512フィスカルド港
さあ、フェリーに乗りますよ~








代表選やってるよ





100914オラ
「久々の登場なのにへんな顔でごめんにゃ~」



暑さとかなんとかで世間も、Olaも、変な感じ



ブログ再開します☆



プロフィール

tutti

Author:tutti
猫・芸術・酒を愛し
ミックス猫 オラ♂ 
と暮らしてます

最近のトラックバック
POWERED
Design by おじば
Material by もずねこ
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。